女性のための美容やダイエットメディア > 基礎知識 > 目の下にシミができる原因と簡単な予防法 5選

2016.12.18

目の下にシミができる原因と簡単な予防法 5選


a young asian woman making up

目の下にシミ、できていませんか?

普段キラキラのアイシャドウなどで覆われている目の下には、本人が気づかないほどのシミができることがあります。毎日のメイク落としを適当に行う女性の中には、目の下に生じたシミに対して「アイメイクの洗い残し」と勘違いしている方々も多く存在するのです。

こうした形で目の下のシミが増大してしまった女性達は、友人や恋人との旅行などですっぴんを見せられなくなると言われています。またシミ隠し目的で過度なアイメイクを行なうことで、更に色素沈着が悪化することもありますので、「隠す」よりも「予防する・解消する方法」を習得した方が良いと言えるでしょう。今回は、目の下に生じるシミの原因と予防法を紹介していきます。

目の下にシミができる原因1 外的刺激の影響を受けやすい

おでこなどと比べて10分の1の薄さしかない目の下の皮膚は、さまざまな外的刺激の影響を受けやすい大変デリケートな構造です。皮膚の薄いパーツは、セラミドやコラーゲンといった保湿成分をたくさん肌にキープすることができません。また他のパーツと比べて水分蒸散も著しい傾向がありますので、シミの原因となる外的刺激の影響を受けやすい特徴だと考えて良いでしょう。

目の下にシミができる原因2 紫外線予防が難しい

眼球が近くにある目の周囲には、腕や頬のように強い日焼け止めをたっぷり塗ることができません。また乾燥などによりドライアイに陥っている人は、一般の方々よりも多くの涙が常時出ていることで、朝塗布した保湿化粧品なども流れてしまう状態に悪循環に陥っているのです。こうした形で紫外線に対して無防備な目の下は、他のパーツに一切シミができていない人でも色素沈着系のトラブルが起こりやすい部分だと考えて良いでしょう。

目の下にシミができる原因3 無意識に擦ってしまう

ドライアイによる目の疲れやハウスダストアレルギー、花粉症などの症状が出ている人たちは、無意識のうちに何度も目の下を擦っています。このような行為によって生じた摩擦は、ただでさえ薄い目元のバリア機能を更に下げてしまうのです。また目を擦る行為は基本的に無意識で行なわれる傾向がありますので、あまりにも目の周囲にかゆみや痛みが生じている場合は眼科やアレルギー科を受診することも、目の下のアンチエイジングに繋がると考えて良いでしょう。

目の下のシミを防ぐ方法

ここまで生じた目の下にシミが生じる3大原因がわかると、実践すべきケアの方法も理解しやすくなると思います。

《アイクリームを使って保湿ケアをする》
目の下のシミ予防で最初に行なうべきことは、アイクリームなどを使った皮膚にやさしい保湿ケアです。バリア機能の低下した皮膚に強い美白化粧品を使うと、コスメの成分さえも外的刺激と認識しますので、良かれと思って行ったケアによって更にシミやたるみが悪化することもあると捉えてください。こうしたケアの失敗とも言える悪循環を予防するためには、アイクリームを使った保湿ケアで肌バリアを高めることが先決です。

《自己流のマッサージはNG》
既にたくさんのシミが生じている場合は、これ以上摩擦によるダメージを与えないためにも、自己流の目元マッサージをやめるようにしてください。特に花粉症などによって目を頻繁に擦る皆さんは、指の摩擦によって既にバリア機能が下がった状態となっています。このタイミングで自己流マッサージを行なうと、まぶたのたるみやシワも生じやすくなりますので、目元の場合はそっとしておくことも必要だと言えそうです。

《UVカットのサングラスを活用する》
紫外線をカットしてくれるサングラスを活用すれば、目の下に上手に日焼け止めを塗れない皆さんでも簡単にシミ対策ができます。また同じ場所にある眼球についても紫外線による乾燥や日焼けトラブルのおこりやすい部分となりますので、長時間の外出やアウトドアの際には必ず1つUVカットのサングラスを持って出掛ける習慣を付けた方が良いと言えるでしょう。

《スマートフォンやパソコンの長時間使用をやめる》
アイライナーやマスカラが滲むほどの涙が出る人は、電子機器の長時間使用によりドライアイになっている可能性もあります。こうした状態でスマートフォンを使い続けると、更にたくさんの涙が出て目の下のバリア機能がどんどん破壊されてしまうため、注意が必要です。シミのない美しい目元をキープするためには、目元の皮膚や眼球に悪循環をもたらすスマートフォンの使用はほどほどにした方が良さそうです。

《シミ予防に効果的な食品を摂取する》
強い美白化粧品を塗布しにくい目の下は、シミや色素沈着予防に効果的な食品を摂取して、体の中から美肌を目指すしかありません。シミ予防初心者向けの栄養素としては、柑橘類などから摂取できるビタミンCが大変おすすめとなっています。また抗酸化力の高いポリフェノールを摂取すれば、活性酸素の増加によるバリア機能の破壊などにもブレーキがかかりますので、美しい目元をキープするために食事を見直す方法も大変おすすめと言えるでしょう。


関連記事

iconカテゴリー

icon基礎知識

icon基礎知識

場所別・大人ニキビの原因と治し方 まとめ
目の下にシミができる原因と簡単な予防法 5選
100円ショップでも買える!麺棒ダイエットでお腹や足もスッキリしちゃう
シワの2大原因は乾燥とたるみ!原因別のシワ対策を実践しよう
日本ではあり得ない!韓国美女の美白・美肌習慣 5選
冷え性やむくみも治る!今話題の脇美容法の方法と効果効能 まとめ
ダイエットのモチベーションを高めるハッシュタグWCWとは?
女性に嬉しい成分だらけ!韓国伝統スープでキレイにダイエット
話題のスーパーダイエットドリンク!ココナッツミルク+ヨーグルトとは?
インナーマッスルも鍛えられる!麻ひもダイエットの効果効能 まとめ
リフトアップに欠かせない超音波美顔器の仕組みと美容効果とは?
何を試しても肌荒れ!化粧水をつけない美容法を実践してみては?
1日1000カロリーダイエットで賢いダイエッターになろう
アンチエイジング世代のおやつに干し柿が適している理由
生理後1週間のダイエット黄金期に賢く痩せる運動・食生活 まとめ
食べる前に飲む!糖分をなかったことにするギムネマが話題に!
脂肪燃焼効果抜群!えのき茶ダイエットが人気の理由とは?
美意識高い系女子がチーズを好む4つの美容健康効果
シャワーだけはNG!美人が実践するお風呂の入り方 まとめ
綺麗な「額」で見た目年齢も若返る!おでこ美容の方法とメリットとは?
アンチエイジング効果大!話題のスーパーフード 7選
炭酸水ダイエットの成功を左右する「正しい飲み方」とは?
EXILE内でも人気!おにぎりダイエットの方法と注意点 まとめ
出不精にもおすすめ!ポケモンGOダイエットの成功者が続出するワケ 5選
ミランダ・カーがレモン白湯ダイエットで痩せた理由とメカニズム
新しい老化対策!バックエイジングとアンチエイジングの違いとは?
我慢もストレスもない!食前キャベツダイエットのやり方と注意点
美デコルテも夢じゃない!リンパマッサージによる「鎖骨ケア」で得られる効能
肩甲骨エクササイズでオフショルダーの似合わない肩幅ガンダムを脱却しよう
夏の終わりに始める美白ケアは「肌の夏疲れの解消」から
エラ張りが美容に影響する理由とNG習慣 4選
ドラッグストアで買えるピーリングの種類と効果、注意点 まとめ
自宅にあるものでOK!誰でもできる簡単美肌術 4選
猛暑を活用!自宅で行うホットヨガの基本ガイド
岩盤浴の効果を更にアップする入浴法 5選
アンチエイジング効果大!コットンパックにプラスするべき応用食材 4選
デトックスウォーターの次はコレ!スウィッチェルの作り方と応用レシピ
体重計はもう要らない!芸能人が大成功している鏡ダイエットの魅力とは?
お悩み別!美容サプリメント代わりに使えるスムージーレシピ 5選
驚くほど汗の臭いが治まる!誰でもできる4つの方法
踏み台昇降を使ったダイエットのメリットと正しいやり方
プチ断食より遥かに簡単!半日断食ダイエットの効果と魅力とは?
メリットだらけのグルテンフリーダイエットの基礎知識
シミの種類別!絶対に改善するセルフケア方法
成長ホルモンを味方にして最強のアンチエイジングを!
西太后も愛用!台湾土産の定番!漢方美白パック・玉容散を徹底解説
たるみ顔を改善する表情トレーニングとリフトアップ法 まとめ
お金をかけずに二の腕を即効細くする方法 まとめ
絶対に細くなる!太もも痩せのコツ 4選
肌老化も防ぐ!日焼けのアフターケア 5選