女性のための美容やダイエットメディア > 基礎知識 > アンチエイジング世代のおやつに干し柿が適している理由

2016.10.05

アンチエイジング世代のおやつに干し柿が適している理由


hoshi

干し柿を活用して美容と健康を手に入れよう

日本を中心としたアジア各国で作られる干し柿は、女性に嬉しい美容健康効果の高いドライフルーツの一種です。

渋柿を用いて作られる干し柿には、一般のフルーツである甘柿にはない効能がたくさん詰まっています。

また近頃では、製法や保存法を紹介するメディアも増えていますので、自分好みの乾燥度で干し柿作りを楽しんでみても良いでしょう。

今回は、干し柿を食べることで得られる効能や注意点などを徹底解説していきます。

肌トラブルが改善する

βカロテンとタンニンを豊富に含んだ干し柿は、肌トラブルが多発するアンチエイジング世代の女性に大変おすすめのドライフルーツです。

色鮮やかな野菜や果物に含まれるベータカロテンは、抗酸化力の高さで定評のあるカロテノイドの一種です。

ベータカロテンの抗酸化作用によって肌の新陳代謝が促進すると、紫外線によって生じるシミや色素沈着などの肌トラブルが生じにくくなります。

またベータカロテンには、体内でビタミンAに変換するメカニズムがありますので、皮膚や粘膜を正常に保つといった意味でも高い美肌効果が得られると考えて良いでしょう。

これに対して干し柿に含まれるタンニンには、肌の引き締めと美白効果があります。

口から摂取しても高い収れん作用を発揮するタンニンには、開いた皮脂腺や毛穴を引き締める作用があります。

また収れん作用の高いタンニンは消臭石鹸や制汗剤にも多く配合されていますので、肌から分泌する汗の量や臭いが気になるといった人にも干し柿を食べるメリットはあると考えて良いでしょう。

そんなタンニンには、シミの原因となるメラニンを産生する細胞の増殖にブレーキをかける作用がありますので、まだ紫外線の強い秋のレジャーでおやつとして食べてみても良さそうです。

目の不調が改善しやすくなる

干し柿に含まれるベータカロテンは、視力の維持や夜盲症といった目の不調にも効果的な栄養素です。

「目のビタミン」と呼ばれるビタミンAに転換されるベータカロテンは、眼精疲労を改善するサプリメントにも配合されています。

そんなベータカロテンには、目の乾燥を防ぐ作用もあると言われていますので、長時間のスマートフォンやパソコン使用などによって生じるドライアイが酷い人にも干し柿は大変おすすめの食材と考えて良いでしょう。

また常に紫外線にさらされている眼球は、洋服や日焼け止めで覆われる肌よりも遥かに活性酸素の害を受けやすい存在と言えますので、干し柿を通して多くの抗酸化物質を摂取することは、体の中から目や皮膚の健康を守ることに繋がると考えて良さそうです。

生活習慣病の予防ができる

干し柿を通して強力な抗酸化力を持つベータカロテンとタンニンを摂取していると、体や血液の錆びとも言える酸化を防ぐことで、高血圧症や動脈硬化などどの生活習慣病の予防ができます。

またベータカロテンの抗酸化作用には、ガンの原因となる遺伝子の損傷にブレーキをかける作用もありますので、年々患者数の増えているがん予防にも高い効果を発揮すると考えて良いでしょう。

腸内環境の改善

繊維質が凝縮された干し柿は、1日1~2個程度の摂取であれば腸内環境の改善効果が得られるドライフルーツです。

そんな干し柿に含まれるタンニンには下痢の改善効果がありますので、便秘に悩まされている人が大量摂取をすると、腸の働きが弱まることも考えられると捉えてください。

しかし抗酸化力の高い成分を多く含んだ干し柿を食べると、体内の血行不良が改善するといった形で腸内にも好循環が生まれることが多いと言われています。

風邪の予防ができる

甘柿の2倍のビタミンAを含む干し柿は、粘膜が乾燥しがちな秋~冬の風邪予防にも効果的な食材です。

干し柿の表面に生じる白い粉・柿霜(しそう)には、咳や痰を鎮める作用があると言われているため、風邪予防飲料として「干し柿湯」を飲む地域も存在するようです。

また食物繊維たっぷりの干し柿によって腸内環境が改善すると、腸の免疫力が高まることで風邪のウイルスに負けない体が作られますので、体の弱い子供のおやつとしてもおすすめの食材と位置付けて良さそうです。

風邪を含めたさまざまな不調は体内の活性酸素の量と密接に関係しているため、今回紹介したベータカロテンやタンニンといった抗酸化物質を意識的に摂取することも心身に好循環をもたらす秘訣と考えて良いでしょう。

まとめ

ドライフルーツとして外に持ち出せる干し柿は、美意識の高い女性におすすめのおやつと言えそうです。

インターネット通販では干し柿作りに活用できるアーチやクリップなども販売されていますので、便利なアイテムを上手に使って自分好みの味わいを作り上げてみてください。


関連記事

iconカテゴリー

icon基礎知識

icon基礎知識

場所別・大人ニキビの原因と治し方 まとめ
目の下にシミができる原因と簡単な予防法 5選
100円ショップでも買える!麺棒ダイエットでお腹や足もスッキリしちゃう
シワの2大原因は乾燥とたるみ!原因別のシワ対策を実践しよう
日本ではあり得ない!韓国美女の美白・美肌習慣 5選
冷え性やむくみも治る!今話題の脇美容法の方法と効果効能 まとめ
ダイエットのモチベーションを高めるハッシュタグWCWとは?
女性に嬉しい成分だらけ!韓国伝統スープでキレイにダイエット
話題のスーパーダイエットドリンク!ココナッツミルク+ヨーグルトとは?
インナーマッスルも鍛えられる!麻ひもダイエットの効果効能 まとめ
リフトアップに欠かせない超音波美顔器の仕組みと美容効果とは?
何を試しても肌荒れ!化粧水をつけない美容法を実践してみては?
1日1000カロリーダイエットで賢いダイエッターになろう
アンチエイジング世代のおやつに干し柿が適している理由
生理後1週間のダイエット黄金期に賢く痩せる運動・食生活 まとめ
食べる前に飲む!糖分をなかったことにするギムネマが話題に!
脂肪燃焼効果抜群!えのき茶ダイエットが人気の理由とは?
美意識高い系女子がチーズを好む4つの美容健康効果
シャワーだけはNG!美人が実践するお風呂の入り方 まとめ
綺麗な「額」で見た目年齢も若返る!おでこ美容の方法とメリットとは?
アンチエイジング効果大!話題のスーパーフード 7選
炭酸水ダイエットの成功を左右する「正しい飲み方」とは?
EXILE内でも人気!おにぎりダイエットの方法と注意点 まとめ
出不精にもおすすめ!ポケモンGOダイエットの成功者が続出するワケ 5選
ミランダ・カーがレモン白湯ダイエットで痩せた理由とメカニズム
新しい老化対策!バックエイジングとアンチエイジングの違いとは?
我慢もストレスもない!食前キャベツダイエットのやり方と注意点
美デコルテも夢じゃない!リンパマッサージによる「鎖骨ケア」で得られる効能
肩甲骨エクササイズでオフショルダーの似合わない肩幅ガンダムを脱却しよう
夏の終わりに始める美白ケアは「肌の夏疲れの解消」から
エラ張りが美容に影響する理由とNG習慣 4選
ドラッグストアで買えるピーリングの種類と効果、注意点 まとめ
自宅にあるものでOK!誰でもできる簡単美肌術 4選
猛暑を活用!自宅で行うホットヨガの基本ガイド
岩盤浴の効果を更にアップする入浴法 5選
アンチエイジング効果大!コットンパックにプラスするべき応用食材 4選
デトックスウォーターの次はコレ!スウィッチェルの作り方と応用レシピ
体重計はもう要らない!芸能人が大成功している鏡ダイエットの魅力とは?
お悩み別!美容サプリメント代わりに使えるスムージーレシピ 5選
驚くほど汗の臭いが治まる!誰でもできる4つの方法
踏み台昇降を使ったダイエットのメリットと正しいやり方
プチ断食より遥かに簡単!半日断食ダイエットの効果と魅力とは?
メリットだらけのグルテンフリーダイエットの基礎知識
シミの種類別!絶対に改善するセルフケア方法
成長ホルモンを味方にして最強のアンチエイジングを!
西太后も愛用!台湾土産の定番!漢方美白パック・玉容散を徹底解説
たるみ顔を改善する表情トレーニングとリフトアップ法 まとめ
お金をかけずに二の腕を即効細くする方法 まとめ
絶対に細くなる!太もも痩せのコツ 4選
肌老化も防ぐ!日焼けのアフターケア 5選