女性のための美容やダイエットメディア > 基礎知識 > たるみ顔を改善する表情トレーニングとリフトアップ法 まとめ

2016.06.28

たるみ顔を改善する表情トレーニングとリフトアップ法 まとめ


face

簡単なセルフケアでほうれい線を解消

口周りにくっきりと現れるほうれい線は、見た目年齢を5~7歳も高くする老化現象のひとつです。

シワと比べて遥かに深いラインが生じるほうれい線は、普通のエイジングケア化粧品では改善が難しい症状と言われています。

また年齢を重ねれば、ほうれい線はどんどん酷くなっていきますので、「これはもしかして?」と感じた段階で早めのケアをすべきと言えるでしょう。

今回は、どんな人でも今日から始められる「ほうれい線をリフトアップする方法」を紹介していきます。

ほうれい線ができる原因とメカニズムとは?

顔のたるみによって生じるほうれい線には、肌のハリや弾力の低下、表情筋の衰え、皮下脂肪の急増といった原因があると言われています。

30代になると赤ちゃんの頃の半分以下になってしまうコラーゲンの減少は、シワやほうれい線といったさまざまな老化トラブルを作る原因です。

「新しいコラーゲンを作れなくなること」と「新しいコラーゲンが分解されてしまうこと」が同時並行して起こった肌は、次第に若い頃のようなハリや弾力がなくなっていくと考えて良いでしょう。

また「休日は誰とも話す機会がない」といった単身者の女性は、皮膚の表面にある表情筋が形状記憶のように固まってしまうため、結果としてほうれい線が生じやすい傾向があるのです。

この他に柔らかい物ばかり食べて全く顎を動かさない人も筋力の衰えによってほうれい線が出やすくなりますので、顔のたるみとライフスタイルには大きな関係があると考えて良いでしょう。

最後に30代以上の女性は基礎代謝が下がり、結果として顔の皮下脂肪の蓄積からたるみが生じるケースが多いと言われています。

またストイックなダイエットによって体重の増減を頻繁に繰り返している人も、同じ体重をキープしている人と比べれば遥かにほうれい線が出やすくなりますので、美肌だけをエイジングケアと捉えずに基礎代謝アップや脂肪燃焼に繋がる運動などもすべきと言えるでしょう。

ほうれい線のセルフケアで鍛えるべき筋肉とは?

これから紹介するセルフケアでリフトアップするのは、頬筋、口輪筋、口角挙筋の3つです。

頬の上の方にある頬筋を鍛えてキュッと持ち上がった状態をキープしていると、重力によって深くなるほうれい線にブレーキをかけられます。

また口輪筋や口角挙筋は口元のシワにも効果的ですので、これから紹介するリフトアップ法を実践して上手に鍛えるようにしてください。

ペットボトルでほうれい線とサヨナラする方法

500mlのペットボトルに5分の1ほど水を入れて、蓋をします。

ペットボトルの蓋部分を唇だけ使ってくわえ、きついと感じるまで持ち上げ続ける動作を3回1セットで行うだけでOKです。

歯を使ってペットボトルをくわえてしまうと、口輪筋のトレーニングにはならなくなりますので、注意が必要です。

2リットルのペットボトルを使ったほうれい線解消法

口輪筋と頬筋を鍛えるためには、2リットルのペットボトルを使ったリフトアップ法がおすすめです。

蓋を明けたペットボトルを唇だけで加えて、ボトルが凹むまで息を吸い続けます。

この状態を10秒間キープできたら、ゆっくり息を吐きながらペットボトルを元に戻すだけでOKです。

このエクササイズを続けていると、腹式呼吸によって副交感神経が優位になるといったメリットも得られます。

また交感神経よりも副交感神経が優位になると、ぐっすり眠れることによって成長ホルモンの分泌が活性化しますので、ほうれい線だけでなく老化による肌トラブル全般にブレーキがかかると考えて良いでしょう。

3回1セットとなるこのエクササイズは、1日3セットを続けることがおすすめです。

舌回しエクササイズで口元の老化を改善

会社の化粧室などでも実践できる舌回しエクササイズは、登山家の三浦雄一郎さんも実践している話題の美容・健康法です。

口を閉じた状態で上下の歯茎をなぞるように行う舌回しエクササイズは、左右10周ずつで1セットとなります。

毎日3セットずつ続けていると、口元全体のリフトアップだけでなく二重あごやほうれい線の解消効果も得られるようです。

またエクササイズによってたくさんの唾液が出ると、アミラーゼ効果によるダイエット効果も期待できますので、フェイスライン周辺の脂肪やたるみの解消にも繋がる方法と考えて良いでしょう。

まとめ

500mlと2リットルのペットボトルと自分の舌を使って行う表情筋エクササイズは、たるみやほうれい線の解消だけでなく、さまざまな美容健康効果をもたらしてくれると言えそうです。

これらのエクササイズはさまざまな美容メディアでも紹介されていますので、気になるものからチャレンジしてみてください。


関連記事

iconカテゴリー

icon基礎知識

icon基礎知識

場所別・大人ニキビの原因と治し方 まとめ
目の下にシミができる原因と簡単な予防法 5選
100円ショップでも買える!麺棒ダイエットでお腹や足もスッキリしちゃう
シワの2大原因は乾燥とたるみ!原因別のシワ対策を実践しよう
日本ではあり得ない!韓国美女の美白・美肌習慣 5選
冷え性やむくみも治る!今話題の脇美容法の方法と効果効能 まとめ
ダイエットのモチベーションを高めるハッシュタグWCWとは?
女性に嬉しい成分だらけ!韓国伝統スープでキレイにダイエット
話題のスーパーダイエットドリンク!ココナッツミルク+ヨーグルトとは?
インナーマッスルも鍛えられる!麻ひもダイエットの効果効能 まとめ
リフトアップに欠かせない超音波美顔器の仕組みと美容効果とは?
何を試しても肌荒れ!化粧水をつけない美容法を実践してみては?
1日1000カロリーダイエットで賢いダイエッターになろう
アンチエイジング世代のおやつに干し柿が適している理由
生理後1週間のダイエット黄金期に賢く痩せる運動・食生活 まとめ
食べる前に飲む!糖分をなかったことにするギムネマが話題に!
脂肪燃焼効果抜群!えのき茶ダイエットが人気の理由とは?
美意識高い系女子がチーズを好む4つの美容健康効果
シャワーだけはNG!美人が実践するお風呂の入り方 まとめ
綺麗な「額」で見た目年齢も若返る!おでこ美容の方法とメリットとは?
アンチエイジング効果大!話題のスーパーフード 7選
炭酸水ダイエットの成功を左右する「正しい飲み方」とは?
EXILE内でも人気!おにぎりダイエットの方法と注意点 まとめ
出不精にもおすすめ!ポケモンGOダイエットの成功者が続出するワケ 5選
ミランダ・カーがレモン白湯ダイエットで痩せた理由とメカニズム
新しい老化対策!バックエイジングとアンチエイジングの違いとは?
我慢もストレスもない!食前キャベツダイエットのやり方と注意点
美デコルテも夢じゃない!リンパマッサージによる「鎖骨ケア」で得られる効能
肩甲骨エクササイズでオフショルダーの似合わない肩幅ガンダムを脱却しよう
夏の終わりに始める美白ケアは「肌の夏疲れの解消」から
エラ張りが美容に影響する理由とNG習慣 4選
ドラッグストアで買えるピーリングの種類と効果、注意点 まとめ
自宅にあるものでOK!誰でもできる簡単美肌術 4選
猛暑を活用!自宅で行うホットヨガの基本ガイド
岩盤浴の効果を更にアップする入浴法 5選
アンチエイジング効果大!コットンパックにプラスするべき応用食材 4選
デトックスウォーターの次はコレ!スウィッチェルの作り方と応用レシピ
体重計はもう要らない!芸能人が大成功している鏡ダイエットの魅力とは?
お悩み別!美容サプリメント代わりに使えるスムージーレシピ 5選
驚くほど汗の臭いが治まる!誰でもできる4つの方法
踏み台昇降を使ったダイエットのメリットと正しいやり方
プチ断食より遥かに簡単!半日断食ダイエットの効果と魅力とは?
メリットだらけのグルテンフリーダイエットの基礎知識
シミの種類別!絶対に改善するセルフケア方法
成長ホルモンを味方にして最強のアンチエイジングを!
西太后も愛用!台湾土産の定番!漢方美白パック・玉容散を徹底解説
たるみ顔を改善する表情トレーニングとリフトアップ法 まとめ
お金をかけずに二の腕を即効細くする方法 まとめ
絶対に細くなる!太もも痩せのコツ 4選
肌老化も防ぐ!日焼けのアフターケア 5選